個人取引のデメリット

車の個人間取引は、それなりのメリットがあるかと思います。
予想されるケースとしては、1)友人・知人から購入するケース、2)ネットオークションで購入するケースですが、思っていた以上に安く購入できる場合や、高く売れるケースもあります。
しかし、業者に売るのではなく、個人間同士の取引ですので、1)手続きは全て自分たちでしなければなりませんし、2)名義変更などの手続きが複雑、3)ローンが残っていると名義変更が出来ない、4)個人売買ではローンが組めない等、デメリットが多く、不具合を言いだしますときりがなく、トラブルに発展するケースがあります。
売り手にも、買い手にも車購入に関しましては、それ相応の知識が必要ですし、書類不備の件につきましては、取引終了後もトラブルに発展するケースがあります。
販売店が相手の場合ですと、相談機関がありますが、個人間の取引では相談の窓口が無い為、個人間で解決しなければならず、時間が掛かるのです。
予想されるケースとしましては、1)説明不足・理解不足や勘違い、2)取引がうまくいかない場合の金銭トラブル、3)ネットオークションの場合は、お互いに顔を合わせることも無く行われますので、売り手が意図的に行われるケースもあります。

Comments are closed.