個人間で直接取引する

今、車の個人売買をする人が増加の傾向にあります。
個人間での取引は様々な形態があり、知人から譲渡さる場合やオークションなどのネットで通じて購入したり、個人が経営する車専門店より店ではなくて一個人から購入するといった売買の方法があります。

このような方法は双方にメリットがあります。
まず車を売りたいと思っている人にとっては、ディーラーや中古車専門店などで取引するよりも高値で売れる可能性があります。ディラーや中古車専門店などを通すと、次に販売することを目的とするので年式が古かったり修理の必要があるものに関しては買値がつかない場合もあり、さらには廃車にするものであれば処理をするために別途費用が必要になることも考えられます。

また車を購入する側であれば、ディーラーや中古車専門店で購入すると必ず仲介手数料が組み込まれているので実質の価格よりも高値で購入することとなります。
しかし直接取引であれば売りたい相手の価格のみで購入することができるので上手くいけば10万円以下で車を手に入れれる可能性もあります。

しかし、このように個人間での売買をすると手続きなどで自身が動く必要が出てきます。
名義の変更や陸運局まで出向いてナンバーの変更などショップでしてもらえることを全て自分でしなければいけません。
メリット、デメリットがありますが、労力を惜しまない人には個人取引はお勧めの方法といえます。

Comments are closed.