Archive for the ‘未分類’ Category

個人取引のデメリット

車の個人間取引は、それなりのメリットがあるかと思います。
予想されるケースとしては、1)友人・知人から購入するケース、2)ネットオークションで購入するケースですが、思っていた以上に安く購入できる場合や、高く売れるケースもあります。
しかし、業者に売るのではなく、個人間同士の取引ですので、1)手続きは全て自分たちでしなければなりませんし、2)名義変更などの手続きが複雑、3)ローンが残っていると名義変更が出来ない、4)個人売買ではローンが組めない等、デメリットが多く、不具合を言いだしますときりがなく、トラブルに発展するケースがあります。
売り手にも、買い手にも車購入に関しましては、それ相応の知識が必要ですし、書類不備の件につきましては、取引終了後もトラブルに発展するケースがあります。
販売店が相手の場合ですと、相談機関がありますが、個人間の取引では相談の窓口が無い為、個人間で解決しなければならず、時間が掛かるのです。
予想されるケースとしましては、1)説明不足・理解不足や勘違い、2)取引がうまくいかない場合の金銭トラブル、3)ネットオークションの場合は、お互いに顔を合わせることも無く行われますので、売り手が意図的に行われるケースもあります。

個人間で直接取引する

今、車の個人売買をする人が増加の傾向にあります。
個人間での取引は様々な形態があり、知人から譲渡さる場合やオークションなどのネットで通じて購入したり、個人が経営する車専門店より店ではなくて一個人から購入するといった売買の方法があります。

このような方法は双方にメリットがあります。
まず車を売りたいと思っている人にとっては、ディーラーや中古車専門店などで取引するよりも高値で売れる可能性があります。ディラーや中古車専門店などを通すと、次に販売することを目的とするので年式が古かったり修理の必要があるものに関しては買値がつかない場合もあり、さらには廃車にするものであれば処理をするために別途費用が必要になることも考えられます。

また車を購入する側であれば、ディーラーや中古車専門店で購入すると必ず仲介手数料が組み込まれているので実質の価格よりも高値で購入することとなります。
しかし直接取引であれば売りたい相手の価格のみで購入することができるので上手くいけば10万円以下で車を手に入れれる可能性もあります。

しかし、このように個人間での売買をすると手続きなどで自身が動く必要が出てきます。
名義の変更や陸運局まで出向いてナンバーの変更などショップでしてもらえることを全て自分でしなければいけません。
メリット、デメリットがありますが、労力を惜しまない人には個人取引はお勧めの方法といえます。

オークションでの取引のデメリット

近年は車も個人的にオークションで買うことができ、中古車業者やディーラーとのやり取りをしなくても個人同士のやりとりで車を購入することができます。これのメリットは落札者側としては中古車業者やディーラーよりも安く車が購入できるということ。逆に出品者は一般の査定額よりも高値で売ることができるというところです。しかし当然デメリットもあります。落札者側の立場から言うと、まず車に対する補償がついてきません。出品されている車の大半はノーリターンノークレームのものばかりで、購入直後に故障した場合でも個人のやりとりなので、補償してくれません。次に現車確認ができないのも大きなリスクです。写真だけでは車の外装や足回りの状態等は判断できませんし、最悪の場合写真を加工等もできるので、車両本来の状態をきちんと確認できないのは購入する際の不安要素となっていしまいます。最後にあげられうのが、書類手続き等を自分で行わないといけない場合があることです。出品者によっては名義変更等の手続きをしてくれませんし、車検切れの車に関しては一度陸送で運んできたあとに自分で車検を通さないといけません。これらデメリットを考慮したうえで、それでも業者から購入するより初期費用やランニングコストも安くすむなら購入を決意しても良いでしょう。

オークションサイトでの取引

オートオークションは会場に出品車を入庫させると、検査員により厳正な検査が行われ、その後評価点が付けられます。
次に出品車の写真撮影が行われて検査内容と共にデータベース化されて車に出品番号が付けられます。
出品車が待機ブースに保管されると、業者の下見が可能となります。
業者は、お目当ての車がある場合、待機ブースで下見をして不具合や状態の確認をします。
インターネットによる確認もできますが、実際に目で見ることが良いでしょう。
競りがスタートすると一斉に業者が競りボタンをプッシュして価格が上がり、高値を付けた業者が競り落とします。
中古車の流通では新車とは違い、相場というものが存在します。
相場とはある1台の車の年式やグレード別の取引平均価格であり、おおよその価格となります。
しかし、競り方式での価格決定となると人気が集中することがあり、新古車などの場合新車よりも高くなってしまうことがあるため、このシステムの弱みでもあります。
現在中古車販売業を生業にする人の場合ここからの中古車の調達がほとんどとなり、ここで競りにかけられた車を落札して、そこに諸経費と手数料に利益を足して車を販売しています。
販売が出来なかった場合のことを考慮して大きく利益が乗せられています。

専門業者に売る場合のデメリット

車を売るならカーディーラーより、買取専門業者に売る方が、高く査定してくれるというメリットがあります。
その理由は、買い取った車の販売力に強みがあるからです。
その他に、1)手続きが簡単、業者がすべて代行してくれますので、何もしなくても済みます。2)納車直前まで車を使用出来る。3)融通が利くというメリットがあります。
反面、業者間での査定が異なる為、1社だけの見積もりをした場合、相場よりも安い価格で売ってしまうというデメリットがあります。
これは、業者によって販売ルートが異なることや、得意とする車両や車種が異なる為ですが、その他に、業者が車を欲しがっている時期が異なる為に、時期が異なると本来は30万円で売れる車でも、20万円の査定しかつかない場合もあるのです。
こうしたことを避ける為には、業者に車を売ろうと考えた場合は、1社だけの業者に査定を依頼するのでなく、複数の業者に依頼することをお勧めします。
こうすることによって、適正価格を知ることが出来ます。
ネットが普及した現在においては、一括検索サイトを利用すれば、複数の業者の見積もりを取ることが出来ます。
ただ、ネットの場合は、直接顔を合わせる機会がありませんので、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

少しでも高く売りたいなら専門業者へ相談

車というのは年式が古すぎたり、もう走らなくなってしまったりすると中古車買取業者やディーラーでは買取ってもらえないことがあります。そういう場合は廃車にするという考えが浮かびますが、廃車にするにはお金がかかる上に手間もかかります。普通車ならリサイクル料や解体費用、車が動かない場合は輸送費などを合わせると2~3万円はかかります。しかも役所に行って手続きもしないといけません。
しかし、これらのお金と手間をかけずに、しかもお金までもらえてしまう方法があります。車を廃車専門の買取専門業者に売るのです。
廃車専門の業者は、買取った車を修理して売るのではなく、スクラップにして鉄資源として売ることで成り立っています。ですので車がどれだけ古くても、もはや走らない事故車や水没車であっても問題なく買取ってくれます。また、鉄というのは日々買取価格が変動していますので、売る時期によっては思わぬ高値で売れることもあります。アルミの値段は特に高く、鉄の5倍位はします。
今はインターネットで簡単に車の査定が出来ますので、自分の車の買取価格が思ったより低かったとか、タダ同然だったなどという場合は、廃車専門の業者に相談してみましょう。普通に売るより高く買取ってもらえるかもしれません。

ディーラーに売る場合のデメリット

ディーラーとは、特定のメーカーの車を専属で販売するお店のことです。
販売店に車を売る場合に考えられるのは、今使用している車を下取りしてもらうケースが殆どかと思います。
販売店に売る場合のメリットは、沢山あります。
1)買取業者が、値段が付かない車でも、キャンペーン等で値段が付く場合がある。2)全て販売店が手続きをやってくれるので、売却と購入の手続きをやってくれるので楽、3)買う車と下取りの車が同じだと多少、金額がプラスになる。4)納車まで今の車に乗ることが出来る。4)販売店の社員と親しくなることで、色々な情報を得ることが出来るなどメリットがあります。
しかし、販売店に車を売る場合のデメリットは、何といっても買取業者に比べ高く購入してくれないことです。
販売店には、ノルマがある為に、特に力を入れて新車を販売する時期がありますので、この時をうまく利用すれば、下取り価格を引き上げてまで、新車を安く購入することが出来ます。
どうしても特定のメーカーの販売店ですので、そこに車を売るということは、下取りが条件となりますので、そのメーカーの車に固執していれば別ですが、そうでなければ気乗りのしないメーカーの車を購入するという結果になります。

買い替えるならディーラーへ相談

自動車は、仕事で必要としている人はたくさんいらっしゃるはずです。
ですから、新しい自動車を購入するにして、すぐにでも新車を手に入れて業務の足として使いたいところですよね。
そんなときは、ディーラーで下取りの相談をするのがベストでしょう。

買い替えならば、愛車を下取りに出してすぐに新車も購入することが可能となっています。
1つの取引として新車の購入と愛車の売却を行いますから、すぐに新車を手に入れることができるのです。
しかし、なるべく愛車の見積もり額も高くしてもらうには、業者もメーカーの系列会社であることが望ましくなります。

例えばトヨタの自動車ならばトヨタ系列の業者に任せれば正確に見積もってくれますしスズキならばスズキの系列会社に任せるのが最適なのです。

もしも、別のメーカーに見せようものならば、あまり高い価格で買い取ってくれないでしょう。
そもそも、別のメーカーの車種の価値が分らないのですから当然です。
もしも、買い替えをする際に愛車を一緒に売り払うのでしたら依頼する業者も十分に注意して依頼するようにしましょう。
一気に新車の購入まで持っていくことができますが、下手をすると低価格で買い取られる可能性もあるのです。

廃車にするその前に買い取りの検討を

自分の愛車を手放さなければならなくなる時がいつかはやってきます。その時にその車が過走行であったり、年式が古かったり、事故車であったりすると、すぐにもう廃車しかないと考えがちになる方は少なくありません。しかし、その廃車のためにも多くの費用が発生することを知っておく必要があります。リサイクル料金の支払いが求められたり、廃車手続きのための費用が生じます。
ですから、すぐに廃車する前に本当に買取をしてくれる業者がないかをリサーチしてみることは大切です。
特に廃車買取を専門的に行っている中古車買取業者もありインターネットの一括査定を活用して全国からより高値で取引してくれる業者を見つけることが可能になっています。
中古車買取業者が廃車になるような車でも買い取ることができるその理由は車を個別にしっかりと査定して価値を見出すことができる能力とそのような車を売ることができるルートをいくつも持っているところにあります。
とりわけ日本車は海外でも大変評判が高く性能がよく壊れにくいということで、たとえ廃車になりそうな車でも修理したり、部品だけでも取り出して活用したい願う人は多くいるのです。
ですから、廃車にする前に買取の検討することは自分の資産を大切に扱う面でとても大切な選択と言えます。