オークションでの取引のデメリット

近年は車も個人的にオークションで買うことができ、中古車業者やディーラーとのやり取りをしなくても個人同士のやりとりで車を購入することができます。これのメリットは落札者側としては中古車業者やディーラーよりも安く車が購入できるということ。逆に出品者は一般の査定額よりも高値で売ることができるというところです。しかし当然デメリットもあります。落札者側の立場から言うと、まず車に対する補償がついてきません。出品されている車の大半はノーリターンノークレームのものばかりで、購入直後に故障した場合でも個人のやりとりなので、補償してくれません。次に現車確認ができないのも大きなリスクです。写真だけでは車の外装や足回りの状態等は判断できませんし、最悪の場合写真を加工等もできるので、車両本来の状態をきちんと確認できないのは購入する際の不安要素となっていしまいます。最後にあげられうのが、書類手続き等を自分で行わないといけない場合があることです。出品者によっては名義変更等の手続きをしてくれませんし、車検切れの車に関しては一度陸送で運んできたあとに自分で車検を通さないといけません。これらデメリットを考慮したうえで、それでも業者から購入するより初期費用やランニングコストも安くすむなら購入を決意しても良いでしょう。

Comments are closed.